クリクラが使っているのはどこの水?品質は?

標準

意外過ぎるクリクラの採水地とは?

赤ちゃんがいると飲み水にも気を遣います。万一体に悪い不純物が入っていたりしたら大変ですし、また大人にとっては体によい成分でも赤ちゃんにはよくないものもあります。
そうしたことから、水道水ではなくウォーターサーバーの水を飲料水として利用している家庭も増えています。ウォーターサーバーの水といえば富士山などの天然水を使用しているところが多いですが、100万人に利用されているといわれているクリクラではどこの水を使用しているのでしょうか。

実は、意外なことに水道水なのです。水道水をNASAでも採用されているROシステムというろ過システムにかけて、一般の浄水器では除去できない微小な物質まで除去したまろやかな軟水となっています。

天然水に比べてこんなメリットが

水道水というとがっかりしてしまう人もいるかもしれませんが、もちろんクリクラの水はただの水道水ではありません。ROシステムを通すことにより、ピュアで安全、しかもミネラルバランスもよいおいしい水になっています。

天然水の方が高品質というイメージがありますが、天然水の場合は採水地によって品質が違ってしまうことがあります。しかしクリクラの場合はどの工場でも同じ品質の水ができるので、安定して高品質な水を飲むことができるのです。

それに天然水の場合は味にこだわればある程度不純物のリスクを覚悟しなくてはなりません。味に関しては好みもあるかもしれませんが、安全性という点ではクリクラはレベルが高く、赤ちゃんのミルクにも安心して使うことができます。